So-net無料ブログ作成
検索選択

01/Wの音色カード [コルグの01/W]

01/W FDを購入した時、石橋楽器が付けてくれたカタログと、

ピクチャ 3.jpg

 

シンセの音色ライブラリー(1992年当時カタログ

ピクチャ 4.jpg

当初、01/W FDは、
エレクトーン関係のアンサンブルの
ベースパートで使うくらいで、
拡張音源(PCMカード)には、あまり興味がなくて、
というより、
値段が高かったので、躊躇していたのが本音でした。

やっぱり拡張音源、
  PCMの波形(マルチサウンドとドラムサウンド)
  の入ったPCMカードと、

  もう1枚の方にプログラム/コンビネーション100音色と
  演奏データ(シーケンスデータ)が入っている、
が欲しくなって、石橋楽器に電話したのが、
90年代の終わりだったと思います。
日進月歩の激しいシンセ業界のこと、
当然、在庫はすでになくて、
「01/Wの中古と一緒に入荷することはある」
ということでした。

すっかりあきらめていたのですが、
2007年の春、たまたまネット検索していたら、
マークス・ミュージックのHPで見つけたんです。
発売時、
拡張PCM音源付きのXSCシリーズが18,000円、
音色カードだけのXPCシリーズが7,000円していたものの中古が、
  XSC-4S(Dance) 4,800円
  XSC-6S(Ethnic) 4,300円
  XPC-14(Rock Chronicle)  2,900円
で出ていたので、即、購入しました。
送料840円+振込手数料105円で、合計12,945円でした。
XSC-4S(Dance) は、ケースと説明書がないと言われました。
ピクチャ 11.jpg

 

ピクチャ 12.jpg

ピクチャ 13.jpg

それなのに、値段が一番高かったので、需要の問題でしょうね。
これは、届いてから、音を聴いて納得したというか、
今でも充分使える音が満載でした。

 

その数ヶ月後に、メッセ・デ・ミュージックでも見つけました。
  XSC-1S(Best of M&T) 2,990円
  XSC-5S(Synth Design) 2,990円
  XPC-11<SOUND ALTERNATIVES> 2,990円
  XPC-13<POP PERFORMANCE> 2,990円
こちらは、PCMカード付きでも、音色と演奏データだけでも、一律2,990円で、
送料440円+振込手数料210円で、合計12,610円でした。
ピクチャ 14.jpg

ピクチャ 15.jpg

 

ピクチャ 16.jpg

ピクチャ 17.jpg

 

PCMカードと、プログラム/コンビネーション100音色+演奏データカードは、ピクチャ 25.jpg

ここに、装着して使います。

ピクチャ 26.jpg

購入後、15年以上使ってなかったスロットなので、
さいしょ、なかなかカードを感知してくれませんでした。
何回も出し入れしてるうちに、読み込んでくれました。

読み込めると、バンクを押すと、
A、Bバンク以外にCバンクというのが現れます。
ピクチャ 27.jpg

ピクチャ 28.jpg

 

ピクチャ 29.jpg

例えば、Cバンク10の、MagicOrganで使ってる音源が、
  C03:MagicOrgan
  167:MagicBell
で、Cバンクの3番目のMagicOrganと、
本体の167番目のMagicBellを使って作られています。
ピクチャ 8.jpg

ここで、PCMカードをスロットから抜くと、ピクチャ 7.jpg

C03:のところが、No Cardの表示に変わります。ピクチャ 9.jpg

ようするに、XSCシリーズは、PCMカードがスロットに入っていないと、
音色カードだけでは、本来の音色にならないということです。
発売時に入ってなかったPCM波形が、
別売りのPCMカードを装着すれば使えるというものでした。
実は、ネット上に置いてある01/Wのsyxファイルに、
XSCシリーズの音色カードのもあって、
中古とはいえ、けっこう高い値段で購入したのでショックを受けたことがあります。
XSCシリーズに限っては、PCMカードがないとあまり意味がないのですが、
音色カードだけのXPCシリーズのsyxファイルは、
そのまま読み込めば使えてしまうので、ええっという感じでした。

 

石橋楽器が付けてくれたシンセの音色ライブラリーに出ていた、
01/Wの音色カード一覧表です。

ピクチャ 1.jpg

ピクチャ 2.jpg

ピクチャ 3.jpg

ピクチャ 4.jpg

 

ピクチャ 5.jpg

ピクチャ 5-2.jpg

その後、ヤフオクを利用するようになって、
01/Wの音色カードは、他にも、かなり買い集めました。
そういう音色カードと、ネット上のsyxファイルについては、
次回以降に書いていこうと思います。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。