So-net無料ブログ作成

3台目のシンセは [ヤマハのDX7]

3台目のシンセは、いただき物です。
4年前(2009年)だったと思うのですが、知人が、
「たぶん、もう使うことはないと思うので、破棄しようと思って」
というので、もらいに行きました。
その時に、「実は、○○先生の持ち物だったの」
と聞いたので、私が3人目の
オーナーということになります。ピクチャ 1.jpg

 

ヤマハのDX7、シリアルナンバーを見て気がついたのですが、
かなり初期のものですね。

ピクチャ 2.jpg

電源ケーブルが少しはげてます。
まあ、絶縁テープを巻いておけばいいので、、、

 

付属品は、DX7の下に敷いてるハードケース。
取扱説明書と、パフォーマンスノート(といっても、紙1枚)。
ピクチャ 8.jpg

 

ROMカートリッジ2つ、別売のRAMカートリッジ1つが付いてました。

ピクチャ 4.jpg

 

ピクチャ 5.jpg

 

ピクチャ 6.jpg

 

ピクチャ 7.jpg

 

福田裕彦さんのマニュアル本も持っていってと言われましたが、
私、これは持ってました。
DX7本体を購入しなかったのに、
解説書は、何冊も購入して読んでいたんですね。
1980年代の私の愛読書がリットーミュージックのキーボードマガジンだったので、
リットー関係の本が多いですが、

ピクチャ 10.jpg

 

ピクチャ 11.jpg

 

ピクチャ 12.jpg

 

表紙に、ヤマハのCOSMOSのメンバー(海江田ろまん、田中裕美子、土居慶子)が載ってるのとか、

ピクチャ 13.jpg

 

ピクチャ 14.jpg

 

もう1冊は、音楽之友社から出ていた本。ピクチャ 16.jpg

 

ピクチャ 17.jpg

 

1983年夏の発売前後、センセーションを巻き起こしたシンセですが、
使い方がむずかしいので、いろんな雑誌に解説が載ってました。
月刊エレクトーンにも、DX7の記事は、たくさん載ってましたね。
ピクチャ 9.jpg

 

私のDX7、いただいた時はバッテリーも使えてましたが、
現在は切れてます。

ピクチャ 3.jpg

コルグの01/Wのバッテリーは、ソケットに入っているので、
私でも、かんたんに交換出来ましたが、
ヤマハ製品は、バッテリーがハンダ付けになっていて、
交換難易度が高いので、そのまま放ってます。
使う時は、Macから音色を読み込んで使ってるので、
それほど不自由は感じないし、

 

 


コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

nanasisan

DX7に使われているバッテリは、リチウムコイン電池のCR2032と言う一般的なもので、換えるか撤去しないと過放電で液漏れするし、それが原因で基盤が腐食したりするよ。取り替えるか撤去した方が良いと思うな。
by nanasisan (2014-06-16 00:17) 

ふみえ

アドバイス、ありがとうございます。
慌てて、DX7 バッテリー で検索してみました。
■ http://www.yamadaland.com/Private/Synthe/DX7/index.html
■ http://ha6.seikyou.ne.jp/home/Naoya.Takeda/DX7BAT.html
交換するには、半田付けが必須条件なので、
とりあえず、電池だけはずしておきます。
by ふみえ (2014-06-17 11:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0